<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。
ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。

 

後払い.comへ
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84.com%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88



<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシックブログ:23-9-2017

俺のむすめは、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、むすめは「やめたい」と言い出しました。

俺はその日の試合を見ていなかったので、
見にいった主人に経緯を聞いてみると、
むすめの出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
むすめの気持ちを思うと、
両親としてなんと言って励ましていいのか…

「ママと一緒に練習しよう…」と
むすめに話しかける他ありませんでした。

その時の俺はまだ、
どうしてむすめが泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
むすめもそれなりのプレーをしました。

それなのに、
むすめはまた「やめたい…」と言い出したのです。

俺は、むすめが今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

むすめの心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかりむすめの自信を奪い、心と体が頑なになり、
動けなくなっていたんです。

俺はむすめの練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
とむすめの心のネジを巻きました。

 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD