<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。

 



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:21-9-2017

みなさま、こんにちは

過食によって摂り過ぎた栄養が、肥満につながっている…
これは事実です。

だから、
「過食をやめないと、ダイエットなんてとんでもない!」
そんな風に、みなさま思っていると思います。

でも、
過食って実際にこれで悩んでいる人の立場で見ると、
とっても高いハードルです。

これでは、当の本人にとっては
まずダイエットを始めるための壁が、
ものすごく高いものになってしまいます。

ならば、難しいところはとりあえず置いておいて、
「できるところ」から始めてみればいいのです。

過食を続けていても、別の方法でダイエットはできます。

例えば、体操。
過食をしていても、体操はできます。
最初は少しづつでいいのです。
肩コリ体操10回、肩コリ体操10回からで十分です。
散歩10分でもいいのです。
まずは始めてみましょう!

もともと体操の習慣がなかった人は、
これだけの体操をするだけでも、
筋肉が活性化されてきて、筋肉の代謝が上がります。
そして慣れてきたら、徐々に時間や回数を増やしていけばいいんです。

大事なことは、負荷や回数ではなく、「継続すること」です。
もっと言うなら継続できなかった時にでも「諦めないこと」です。
そうして行動していくうちに、
過食との距離もだんだん広がっていきます。

いきなりパッタリとやめようとするとストレスは溜まるし、
過食してしまった場合に自分で自分を責めてしまって、
ダイエットを自分で挫折させてしまいます。

だからこそ
過食と上手くお付き合いしながら、
ダイエットしていく事が重要だと、ミーは思います。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜

 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD